シンプルライフナビ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

デロンギをキレイに保つ方法  

久々の更新です。

更新がない間もご訪問くださった方、応援クリックしていただいた方、
本当にありがとうございました。

マイペースな更新ですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします



年末に思いきってレーシック(視力回復手術)を受けてきました。

両眼の視力が1.5になり、裸眼でよく見えることに感動の毎日です。


とはいえ、何でもよく見えるということは、あまり見たくないものまで
よく見えるわけで・・・笑



1月も寒い日が続いていますね。
我が家では大小2つのデロンギヒーターが活躍しています。


まずはこちらのコンパクトタイプ。

デロンギ小

すぐに温風が出るので、足元を温めるのに最適。
シンプルなデザインもお気に入りです。


お次はこちらのレギュラーサイズ。

デロンギ大

お部屋がじんわりと暖かくなって、喉が痛くならないところが気に入っています。

ダークグレーのシックな外観も好きなのですが、1つ困ったことが。

「ホコリが目立つ」のです(よく見えるので余計に・・・笑)。


気付いたときに拭き拭きしますが、オイルヒーター特有のデコボコした溝の部分が拭きにくい・・・

何かいい方法はないかと考え、使用していない時は付属のカバーをかけることにしました。

デロンギ大カバー

とにかく使っていない時はカバーをかける!

上からバサッとかけるだけなので、楽ちんです。

たったこれだけのことですが、ホコリが付きにくくなってヒーターのお掃除の回数が激減しました。



我が家では、扇風機も同じようにカバーをかけています。

羽根が回っているときはホコリは付かないので、止めた瞬間にカバーをかけてしまえばホコリ知らず。

シーズンが終わって、しまうときに1回お手入れをするだけで済みます


カバーをかけるだけなのに「キレイに保つ方法」なんて大げさに書いてしまいましたが、
簡単で続けやすいので、オススメです♪







↑お手数ですが、応援クリックしていただけるとうれしいです。いつもありがとうございます

※ブログランキングサイトへ移動します
スポンサーサイト

category: 家電

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。